アタ製品


バリ雑貨の中でも、高級でオシャレなアタ製品は、すたれる事の無い定番の人気商品です。
アタ製品とは、バリ島やロンボク島・ジャワ島などに自生するシダ科のつる性植物「アタ」のつるを編みこんで作られたバリの伝統工芸品です。
アタ製品独自の深みあるアメ色な光沢と、周りとの調和にすぐれたその持ち味は、自宅用でも、贈り物でも、男女問わず喜ばれております。

アタ製品の一番人気は、コースターです。バリ島のホテルやレストラン、カフェなど様々なお店で使われる事も多く、一般家庭でも幅広く利用でき、そしてオシャレに使いこなせる一品です。また、アタのランチョンマットは、だ円型と角型などがあり、どちらも料理を一段とオシャレに演出してくれるディスプレイマットです。そして、リビングやショップ等様々で活躍しているのがアタ製品定番のティッシュケースです。使いごこちも良く、その存在感はインテリアの質を高め、アタ製品ファンにとって欠かすことの出来ないアイテムの一つです。
他にも様々なアタ製品がございますが、どれ一つとっても、ちょっとしたアクセントとしてオシャレに楽しませてくれる、職人技の光る、素晴らしいアタ製品アイテムばかりです。


 アタ製品のアイテム一覧はこちら>>

アタ ティッシュケース アタ 丸角ティーマット アタ ストックボックスS 取手付 アタ ランチョンマット角
アタ ティッシュボックス
2,800円
アタ 丸角ティーマット
800円
アタ ストックボックス
1,650円
アタ ランチョンマット角
1,150円



     ◎アタ製品の完成までを簡単にご紹介いたします。

 〜どうぞご覧下さい〜 
 
 

アタ製品の完成まで

アタの葉
アタの葉です
アタ
(シダの一種)
アタ畑
つる状になっています


アタのつる
先端の黒い部分は貴重な根っこ部分で、
デザインによく使われます。
つるの部分
使います。
(葉は使いません)
アタつるの太さを均一にする
缶に穴を開け、その穴につるを通し
太さを均一にします。


アタ作りの職人技
箱物も器用に作るさすがの職人技!
丁寧にかたち
を作ります。
丁寧にアタを編みこみます
生の状態で、小道具を使い
丁寧に編み込みます。


アタ製品の形状チェック
形の仕上がり具合をチェックします。
かたちができたら
天日干し!
アタを天日干し
おてんとさんの下でしばらく
乾燥させます。


アタをスモーク
アメ色になるまでじっくりと!
大きい窯で、
スモーク
します。
(防虫効果も有り)
アタをいぶす
ヤシの殻を燃やして、いぶします。


アタを仕上げる
突き出てる部分をつめ切りで
処理します。
細かくチェックして
仕上げです。
アタ仕上げ2
ガス火でけばけばを処理します。


アタ製品完成図

アタ製品の完成です!



前画面に戻る